「スプレッド」とはFXは二国間の通貨をトレードして利益を上げる商品です。売買の価格は上がったり下がったりします。それが為替です。ラジオのニュースを聞いていると外貨の為替相場の情報が流れる状況があります。「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを言い表しています。売買には買いと売りの価格があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX取引会社もあります。通常は売値のほうが買値よりも安い価格に定められています。実際に買値は高く、売値は安くなるのです。この差をスプレッドといい取引会社の稼ぎのひとつといわれています。スプレッドの狭さは会社によって変化します。スプレッドの幅は手数料になるので、狭いFX取引会社を選択するほうが有利です。ただし、場合によってスプレッドの広さは変動します。もしいつもはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの広さだとしても為替の変化がかなり激しいときには広くなる事があります。そのため、スプレッドが低いのと、固定している事が肝心です。現在では固定でスプレッドを表示する取引業者もいくつもあります。リアルにFX会社の取引画面内でリアルな相場をチェックしなければ見分けられないのですが、とても大切なことです。多額の財産を投じてトレードするわけですから、本当のエントリーの前に心惹かれたFX取引会社の取引するための口座開設を積極的にして表示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。同じ通貨の組合せその瞬間の変動率(ボラティリティ)によってスプレッド幅は変化します。たいがい、インターバンクで売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さくこの他のペアではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。