為替への介入というのを聞いた事がありますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、テレビ、ネットなどの情報でチラリと見たみなさんもたくさんいるでしょう。元より為替の介入というのは我が国においては、財務大臣が為替の沈着を保てるように施行する方策と使われています。要は、極端な円高または円安になると財務大臣の命令のもとに中央銀行(日本銀行)日本円を売買して為替レートの安定を狙う、といったことです。為替の介入は方法が何通りかあります。1.単独介入・・・政府または日本銀行が、東京市場において自主的に市場に入って為替介入を行なう。2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議のうえで各々の通貨当局の資金を駆使して一斉にもしくは小出しに為替介入を実行する。3.委託介入・・・異国の通貨当局に外国為替市場介入(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・日本銀行が異国の銀行などに代わって為替の介入をする。このようなやり方があります。どの種類の外国為替市場介入(為替介入)も一時、または連続的に為替の市場に多くの影響力を与えることになります。為替介入(外国為替平衡操作)の額はさすが国家の威信をかけているのですからスケールが大きいです。円を例に例えると、普通は数銭ずつ変化している円相場が数円ごとの動きをするのです。個人投資家の人なら経験したことがあると思うのですがそこまでは順当に利益(もしくは損失)が増加していたポジションを持っていたところへ、ポジションが決済したという報告がFX業者からEメールが届き・・・どの程度得になったのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済後の通達を見ると自らが思っていた状況とは正反対の結果になってしまい目が点になってしまうということがよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた場合に多く聞く話です。このように為替介入(外国為替市場介入)を施行すると為替市場の動きと反対の変動をするものなのです。なおかつ変化する金の幅は相当大幅に変動するため注意が必要なのです。