外国為替証拠金取引についての面白みはたった一つの投資商品であるのですが資金投下の期間を短い・普通・長いのうちどの期間を選ぶのかで資本の投下の手法がまったく違うという点にあると言います。外国の貨幣へ投資の「長期スタンス」を詳しく見てみましょう。長期は一年以上の投資を基本としています。一般的に為替のレートで、一年以上先の為替レートが円高になっているだろうか、反対に円安かを連想するなんてことは多くは無謀でしょう。現実的には、「そこまで後々の変動は考えられない」と思うのが当然のことかと思います。予言もできないのに頭を悩ませて予測しようと思ってもそれは無理なことなのです。そういったことから、他国の貨幣を買い、買ったタイミングの価値よりも円高だとしてもその分は近いうちに戻ってくるという軽い意識で売買に取り組むのが良いでしょう。差益をがんばって追いかけることに限らずそれ以外の儲け、つまりはスワップポイントで儲けるのを、一番最初の目的にしてやってみましょう。当然ですがちょっとの間で為替変動の影響でマイナスがひどく膨らむことがあります。したがって、そのような為替差損が膨らんでも困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめでやり取りすることが大事です。FXは、損が一定額を超えて増えてしまうと追加保証金が出て来たり、ロスカットになったりします。ロスカットをしたら、すぐに売買を決済する必要があり長期のトレードは難しくなります。こういう危険を回避するためにはレバレッジ2?3倍に設定して売買するべきです。第二に中期投資の場合のやり取りを説明します。中期の投資のケースでは最大でも2ヶ月ほど先々を予測しての売買です。為替トレードの時は、およそ1ヶ月後のことはある程度、想定可能な場合が多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような世界的なミーティングであったり、市場に参加している人たちがどのような事柄に関心があるかを聞いてみれば割りと、見当がつくと思います。こんな経済の基礎的条件を見る一方、グラフを見ることによって、レートのレベルを理解する事ができ、取引を決める方がいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズとジャッジの両方とも光りもしくはどちらも買い傾向が一致している時は、まずその通りに動くと思って大丈夫です。その際は持ち高を増やしておく事でさらに高い儲けを入手できるに違いありません。第三に短期のトレードの狙いどころです。ここでの短期のスタンスが示しているのは言い換えれば日計り取引を言っています。為替市場でデイトレを行う時、経済情勢は全然関係しないと断定していいです。それはあくる日のレートの動きに経済情勢は関係がないからです。この場合の、コツは大規模な行事がある時、それが影響してレートが著しく動くチャンスを逃さないよう取引することです。例として、アメリカ合衆国で雇用の統計が公示されるまたは金融政策決定会合等により金利が動くというような行事。このような一瞬の変動を見過ごしてはいけないとの意味から、短期のトレードでは様々な要素が必須になる。